女性アルバイトでも審査が通りやすい銀行系消費者金融は?

専業主婦でも借りれる消費者金融

最近の消費者金融は利用ユーザーの幅が広がっております。

つまり客層が広がっていますね。

その一つが女性ユーザーの増加。

以前では消費者金融で女性が借りるには心理的なハードルがあってなかなか借りる人がいませんでした。

しかし、来店不要でネットで簡単にこっそり借りれるインターネットキャッシングの普及もあってか、女性も今では普通に消費者金融からお金を借りるようになりました。

あと、女性の社会的進出の増加と消費者金融の利用ユーザーの増加が比例しているようにも思えます。

消費者金融会社もそういった女性向けに「レディスローン」や「レディスキャッシング」などの女性向けのキャッシングサービスを拡充しております。

さて、これらの消費者金融で最も安心して利用ができるのが銀行系消費者金融です。

あと消費者金融ではありませんが、、同じフリーローンのサービスとして「銀行カードローン」もあります。

出来れば女性も銀行系の消費者金融や銀行カードローンなどで借りたいのが本音ですよね?!

女性の社会人は正社員として働いているOLさんも多いですが、アルバイトやパートとして働いている、いわゆる非正規雇用者も多いです。

また派遣社員として働いている女性も多いです。

アルバイトとして働いている女性が果たして銀行系の消費者金融や銀行カードローンで審査が通るでしょうか?

またはアルバイト女性が銀行系消費者金融や銀行カードローンからお金を借りることが可能でしょうか?

これは十分に可能かと思います。

実際に最近では大手の消費者金融でも中堅、中小の消費者金融でも「アルバイト、パートでも可能」となっております。

また銀行系の消費者金融や銀行カードローンでも「アルバイト、パートでもOK」となっております。

これらは男性のみならず女性のアルバイトの方でも申し込みが可能であり、融資が可能という事です。

ただ全ての女性アルバイトが銀行系の消費者金融や銀行カードローンで借りれるとは限りません。

中には「審査落ち」してしまう人もいるでしょう。

ここでもやはり「収入安定性のあるアルバイト女性」が銀行系消費者金融や銀行カードローンで借りれることになります。

具体例としては・・・・「勤続1年以上働いている」「毎月10万円以上安定的かつコンスタントに給料を受け取っている」など、収入安定性が審査通過のネックとなります。

収入証明書などの提出で「源泉徴収票」などが提出できる人は審査に有利です。

去年の源泉徴収長が提出できるということは、最低でも1年以上はアルバイトとして勤務しているという証明にもなるからです。